来週、地域の伝統会館で日常、楽しんでいるフラダンスを等級で踊ることになりました。初めての種目です。
一緒にレッスンやる友は、要望があるごと、病院やお祭り催し物へ出掛け、有志注力を通じていてことさら特別のトライアルではないけれどフラダンス素人のボクにとって社会で踊るなんて初めてのトライアルですです。幾度となく声を掛けられようやく決心した案件なのです。
訓練として3時期ぶりに新調する出で立ちを一緒に作ったので友とシンクロするダンスが出来ます。髪アクセサリーやレイも購入して曲の風情を胸に笑みを作ることが大切でした。種目に公演を約定をしている等級ごとに練習の年月日が組まれ、立ちパーツやナレーション、明かり、音響の際を併せました。友と後は今日を待つだけだねと離れましたが、それほど大問題があります。種目用のメークアップです。クラシックバレーや形スケートのスポーツマンが公演直後のレポートを受ける写真が脳裏をよぎり、不安な気持ちと、なんだか未知のトライアルへの好奇心でわくわくしていました。初々しいあたりから簡単なメークアップを通じていたので、まぶたのがたいや鼻を高くして彫の濃い形相に見えるコスメティックスを購入しなくてはなりません。とてもまぶたと、近くのドラックストアへ赴き、ビューラーとマスカラ、アイライン、アイシャドウを選びました。
家に帰り、封を切ったメイク機器を台の上に並べ鏡に向かいました。ビューラーでカールし、マスカラをぬり、アイラインを閉じ込める一部何度かまばたきをしたため涙が出て、まぶたの繋がりは黒ぐろ不埒形相そのものです。今日は流すしかないけれど、来週までにはメイクを上達したいです。http://clarkscoinlaundry.com/