ツアー贔屓必見!異国ツアーで役に立つ要領?これさえ覚えておけばさわやか空の航海

①耳が痛い
航空機に跨ると、耳が痛くなることはありませんか?
航空機の発達・下降ときの気圧の移り変わりにより、耳が痛くなります。
発達時に耳がぼーんとなるのは、鼓膜の奥にある、中耳の大気が膨張する結果起こります。
耳抜きをください。
・トインビー法
断然簡単なのは、鼻をつまんで、唾を飲み込む施策です。耳への難儀も少ないですが、できない人も多い。
・フレンツェル法
嚥下反応、いわゆる唾や大気を巻き込む施策(フレンツェル法)で耳抜きをしている第三者には一際有効な方法ですが、水泳前にアメをなめたりガムをかんでおくことで、耳抜きがしやすくなります。
・バルサルバ法
口を閉じ、鼻をピタリつまみます。そうして、鼻から大気が見落しないようにしながら、鼻から空気を出しましょう。すると、ポップサウンドが聞こえ、耳の中の刺激が規定になります
・コップを耳に当てる。
この方法は添乗員くんも用いる方法で、耳抜きができないつまらないこどもにオススメです。
温おしぼりとで用紙コップで一体何をするんだ?と思いますよね。
用紙コップに温おしぼりを入れて、両耳に当てるだけで、耳抜きが適うんです♪
社会で考えるのはいたたまれないですが、効果は優!

②機内にとって句と便利な売り物
・マスク
機内思った以上に乾燥します。乾燥による、喉の痛みを軽減するためにマスクを着用する結果、防げます。
・着圧タイツ
長時間座っていると、必ず足がむくんでくる。そういう、むくみ予防には着圧タイツがオススメです。
・カーディガンやストールなどの羽織という
飛行場内や機内はエアコンがガンガン効いていて寒いことがあります。現場との気温食い違いもあるので、羽織をはじめ枚持って行く結果、体温とりまとめができて、とても便利です。
・ボールペン
入国の際はなんらかのシートを書くので入り用。
・メガネ
長時間のフライトはメガネが1番です!触れ合いで寝るのは負担がかかるので、メガネを持っていきましょう。
・スリッパ
靴を長く履いていると、疲れますし、蒸れてくる。スリッパを持って行くと、足の蒸れからも解放され、快適に過ごすことができますよ。

③カップラーメンは機内に持ち込める。
機内食は現れるものの、物足りない場合ってありませんか?
そんな時は、カップラーメンを持って行くと便利です。お湯を入れてほしいといえば、客室乗員くんが、お湯を注いでいただける。
オランダ航空では、人知れず「カップ麺ありますか?」と聞くと、エコノミーも出してくれるそうです。

④オートマチックゲートを通行決める。
オートマチックゲートは、パスポートと指紋の検証で自ら確定をし、自動的に出入国手続ができる出入国管轄系列です。
フライト今日でも登録出来、出国係員に登録したいと述べると、簡単なシート記帳と、指紋登録で、登録が出来ます。有効期限はパスポートの日時が切れるまで有効です。
長い行列に並ばずに、華麗に通過する事ができるので、間隔略字になります。

⑤礼節違反

世界が違えば、礼節も友人、我ら邦人がやってしまう事が、向こうに行ったら礼節違反なんて事も!!
ツアーことで気をつけたい礼節を紹介します。
・鼻をすする
西洋第三者は鼻をすするサウンドに違和感を感じる第三者が多く、煙草を吸うくらい嫌われますので、すするからには、思う存分かんでしまいましょう。
・ゲップをする
・キッズの意識を撫でる
・社会でメーク
・社会で靴を脱ぐ
・言いだしてる最中に瞳を見ない
・口元を包み隠す
・あまりにもラフな組み合わせhttp://www.kaikanten.info/