すこし思い出深い韓国での出来事、航空を引き戻させた出来事

僅か思い出深い表現にナッツ収益という表現があります。これは韓国の女社主が航空のおつまみがナッツだったことに激怒して航空をエアポートに引き戻させた案件をナッツ収益という風に名付けたものです。嬉しいタイトルです。ただしほとんど深かった。ナッツという表現には激怒するに関してもあるからです。
こんなスラング的Englishの表現はアカデミーではほとんど教えてもらえません。但し語学の中ではよく聞く左右であったりします。
Englishというと、日本語とEnglishで意義を勘違いしている表現も結構あります。ハイジャック、日本ではテロリストなど航空を乗っ取ることを思い浮かべます。但しEnglishでハイジャックは泥棒のことです。「HiJack!」と言ってドライバーに声をかけて、上の空させて自家用車を家財たび盗むという意味です。さすがにパイロットに「HiJack!」とダイレクト言えないし、航空たび乗っ取っても収拾できません。ですからハイジャック、航空を乗っ取るに関してには使わないそうです。
過去クイズチャンネルで「航空の席のアルファベットにIが入っていないその理由は」というクイズがありました。味方でおなじみの時間課長の答えが特別でした。
HIJKと専ら席ナンバーを付けてしまうとハイジャックとよむことが出来るので、航空の席ナンバーとしては縁起が悪賢いから、という答えでした。これ正解でいいんじゃない?けれども実際の正解は、「アルファベットのIは数量の1に見えてややこしいから」でした。それでも者にどや表情でしゃべりたいのはハイジャックの答えですね。割のいい楽で時給の高いバイトを探す大学生・フリーター必見